スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

同盟か、共闘か。

ここのところの猛暑で長文を書く気力がありませんでした。
ついったーが便利すぎるというのもあるんでしょうけどもね。
おはようございます、すがやです。

先週の月曜19日と昨日、それぞれ大宮ホビセンに出かけてきました。
まずは19日の様子から。

一戦目は自分のリザードマン2500pVSヴァンパイア1500pWoc1000p連合軍。
戦場にランク歩兵が横一列にズラーっと並ぶ様子は壮観でしたねぇ~。
当日、なんとかベースカラーまで塗り終えた槍ザウルスのデビュー戦でした。
いざ始まってみると、ブラックコーチがゲーム開始からすぐにMAX強化。
盤面を凄まじい勢いで荒らしていきました。
ケイオスウォリアーとマローダー達は、剣ザウルスでどうにか撃破したものの、ケイオスナイトに突撃したコールドワンキャバルリーがまさかの返り討ち。
妖力の武具の威力、そしてケイオスアーマーの硬さに驚くばかりでした。
テンプルガードはヴァンパイア+ワイトキング合流のグレイヴガードを相手に、最後の一人になるまで戦いましたが全滅、それに恐れをなしたスランが逃走するも、追いつかれて撃破で勝負アリでした。
むむむ…マジックフェイズの主導権は握っていたのですが、バンシーにステガドンが瞬殺されたり、スカーベテランが攻撃が全く当たらないスカベテランだったりで接近戦で完全に圧倒されてしまいました。
槍ザウルスも残念ながら全滅でした。無念…!

そして二戦目。
リザードマン1000pハイエルフ1000p連合軍vsヴァンパイア1000pO&G1000p連合軍。
相変わらず戦場にずらーっと並ぶランク歩兵。この空気こそ戦争よ!
コールドワンキャバルリーの正面にレイスが居たので、闘争の剣を装備させた騎乗スカーベテランを合流させておきました。
ところがレイス達の突撃距離を見誤り、相手に突撃を許してしまいました。
仕方なく闘争の剣を構えるスカーベテラン…が。
なんと恐怖テストに失敗。兵力では上回っているため逃走はしないものの、ヒットロールで6が出なければ命中しないという事態に。

予想外の出来事は更に続きます。
グレイヴガードの突撃を避けるために、ハイエルフスピアマンが一時撤退を選択。
体制を立て直し、槍ザウルスと同時突撃を試みる…ハズが、ザウルスが撤退するスピアマンを見てパニックを起こし逃走。
更に逃走するザウルスがホワイトライオン・オブ・チャラス(以下チャラス)をすり抜け、彼等にもパニックが連鎖、こちらも逃走を開始。
…ランク歩兵が全部逃げたよ?
続く接近戦フェイズでは、バンシーの叫び、レイスの大鎌の前に4人のキャバルリーが倒れ、唯一の対抗手段であるスカーベテランの攻撃も、虚しく空を切ります。

その後すぐにスピアマン以外のユニットが復帰、なんとか戦列を整えます。
戦場の右翼ではドラゴンプリンスがナイトゴブリンとポンプワゴンを相手に奮闘しています。
そして左翼ではスカーベテランがレイスとにらみ合いを続けていました。
沈黙を破ったのはバンシーでした。金切り声を上げながら生き残りのキャバルリーに攻撃を仕掛けてきますが、なんとかこれを回避、しかし彼には反撃手段がありません。
バンシーが動いた直後、恐怖を振り払ったスカーベテランが怒涛の反撃を繰り出します。
闘争の剣での攻撃が全て命中、レイスを2体消し去り、もう1体にダメージを与えます。
スカーベテランの凄まじい攻撃の前に、残ったレイス達もただ消え去るのみでした。
しかし、レイスの後方にはナイトゴブリンが控えていました。
彼等がスカーベテラン目掛けて前進すれば、おそらく隠れているであろうフェナティックが放たれて大変なことに…おや、仲間割れがはじまった。

今が好機、と戦場を大きく迂回させていたもう一つのキャバルリーユニットとスカーベテランが、側面と正面から同時突撃。
仲間割れをしていたナイトゴブリンも、これはマズイと慌てて側面に一人、スカーベテラン合流のユニットに一人、フェナティックを射出してきました。
正面に射出されたフェナティックが、スカーベテランと行動を共にしていた最後のキャバルリーの頭を叩き割り、キャバルリーユニットは全滅、スカーベテランが単身で正面から突撃することに。
が、側面に射出されたフェナティックの攻撃は空を切り、キャバルリー達はナイトゴブリンに突き刺さります。
コールドワンとザウルスの攻撃を側面から受けてはゴブリン達はひとたまりもありません。すぐに逃走を始めますが、追いつかれて全滅となりました。
ゴブリン達を倒し少々頭に血が昇っていたのか、スカーベテランは自分が一人であることを忘れていたようです。
なんと追撃の結果、スピアチャッカの近距離射撃の圏内に入ってしまっていたのです。
雄たけびを上げるスカーベテランの胸に突き刺さる巨大な槍、彼はここで無念の戦死を遂げてしまいました。

戦場の中心では、体制を立て直したスピアマンと槍ザウルスが、ヴァンパイアとワイトキングに合流したグレイヴガードに同時に突撃を仕掛けていました。
が、こちらの攻撃は悉く空を切り、戦闘結果がいまひとつ稼げません。
そうこうしているうちにザウルスの後方にゾンビが出現、更に損耗したスピアマンの側面から20体のゾンビが突撃…これはひとたまりも無く、ザウルスは逃走、直後にゾンビにぶつかり壊滅。
スピアマン達もゾンビから逃げ切ることができず、無残な最期となってしまいました。

敵味方お互いに大きな被害をだしましたが、結果はこちらの辛勝、となりました。
序盤でランク歩兵が全部逃走したり、ゴブリンが絶好のチャンスで内輪もめを始めたり、ドラマの多いゲームでした。
しかし長く書きすぎたな。読みづらかったら申し訳ないです、ハイ。

昨日の様子は記事を分けて書こうと思います。
それでは。
スポンサーサイト
[ 2010/07/26 10:36 ] WHFB | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

すがや

Author:すがや
ゲームズワークショップ社から発売中のミニチュアゲーム、主にウォーハンマーFB、40Kの事についてダラダラと書いています。


最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。