スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大宮1000pとーなめんと。

お昼前ですがおはようございます。
4時頃に一度目が覚めたのですが、気がついたらこの時間でした。
二度寝ってイイヨね!すがやです。

昨日は大宮で友人のヴァンパイアと2000p戦をする予定でしたが、どうやら1000pトーナメントをやるようだったのでそちらに参戦してきました。
参加者は4名、ウォリアー・オブ・ケイオス(以下WoC)、ゴブリン、ヴァンパイア、自分のリザードマン。
初戦の組み合わせはゴブリンvsヴァンパイア、WoCvsリザードマンとなりました。

テレインの配置の時点で、対戦相手の方の「テレインは置きません」宣言にビビりながらも、なんとか盤面中央左右に森を配置し、戦場を狭めることに成功。
広い盤面でマトモにやりあったら、たとえザウルスでも無事では済まないような気がしたので。
スカーミッシャーのゲリラ的な動きと、コールドワンキャバルリーの出目が異常なまでに走ったおかげで、恐ろしいケイオスナイトとケイオスウォリアーを撃破。ケイオスウォリアーを追撃した勢いでマローダーの側面を叩き、続けて撃破となりました。
しかし、戦場の中央で一人になったケイオスソーサラーが、ティーンチの魔法体系の魔法を続けざまにステガドンに放ってきます。
ティーンチの魔術と、鮮血の怒号でクルーが全滅、我が英雄カクトゥルも負傷します。
が、退却直後に復帰したスカーミッシャーの働きで、ケイオスソーサラーにも傷を負わせ、6ターン経過でゲーム終了、無事勝利となりました。

隣の卓ではヴァンパイアvsゴブリンの戦いが。なんだかナイトゴブリン・フェナティックが暴れまわっていましたが、被害は味方の方が多かったそうです…!

そして決勝。やはり貴様か…ヴァンパイア!
見たところグールとグレイヴガードが主軸の様子。グールを早々に消して主導権を握りたいところ。
コールドワンキャバルリーは賢く前進。グールを突撃圏内に捉えます。
スカーミッシャーはスケルトンとネクロマンサーの騎乗するコープスカートの前に突き進み、コープスカートに向かって毒矢の雨を降らせます。
20発以上の毒矢でネクロマンサーを射殺し、スケルトン達の突撃からはササッと逃亡。彼らの仕事はこれで充分でした。
続くこちらのターンでステガドンを駆るカクトゥルがコープスカートとスケルトンに対し突撃!
インパクトヒットを双方に叩きつけ、続く攻撃でスケルトンを次々と撃破。
戦闘結果でコープスカートが灰になりました。
…ここまではよかったのですが、その後攻撃の手が鈍るカクトゥル達。スケルトンの隊列をなかなか食い破れません。
その後、復帰したスカーミッシャーも戦闘に加わり、なんとかスケルトンを撃破しました。

グールに対して突撃したコールドワンキャバルリーは順調にグールを食い破り、盤外ギリギリまで猛進。
どうやらネヘクの祈祷の出目がイマイチ振るわず、グールの回復が間に合わなかった様子。

ザウルスはヴァンパイア合流のグレイヴガードと戦闘。ダンス・マカヴルで加速したグレイヴガードとヴァンパイアの猛攻の前に何人もの犠牲を出しながら、残った戦士達の攻撃をヴァンパイアに集中させていきます。
が、その攻撃はことごとく空を切り、なかなかヴァンパイアを仕留めることができません。
頓着した戦局を打破したのは、やはりコールドワン・キャバルリーでした。
グレイヴガードの後方から突撃したキャバルリーの前では、流石のグレイヴガードも持ちこたえることはできなかったようです。
ここでヴァンパイアが投了し、勝利となりました。

と、いうわけでなんとか優勝となりました。
今回はスカーミッシャーとコールドワンキャバルリーがいい働きをしてくれました。
派手な戦果を揚げるのは間違いなくキャバルリーですが、スカーミッシャーの働きも重要なものですしね。
とはいっても、まだまだ動かし方に反省点は多々あったと思うので、その辺りもどんどん改善していかないといけませんね。

今日はこのくらいで。それでは。
スポンサーサイト
[ 2010/06/14 11:55 ] WHFB | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

すがや

Author:すがや
ゲームズワークショップ社から発売中のミニチュアゲーム、主にウォーハンマーFB、40Kの事についてダラダラと書いています。


最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。