スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

未知との遭遇。

最近はペイントやモデリング中に、ニコニコ動画の作業用BGM動画をかけていることが多いのですが、今日は幻想的で神々しい神曲メドレーだかそんなタイトルのBGMをかけていました。
美しく幻想的なBGMを聞きながらモデリング。いいですよね。まさにファンタジィ。
でも組み立てていたのはケイオススポーン(腕やら頭が沢山生えている奇形の怪物)でした。
こんばんは、すがやです。

昨日は最近ウォーハンマーを始めた友人と、またもGW大宮に出かけてきました。
1000pゲームを2戦程やってきたのですが、これまたナカナカ面白いゲームになりました。
まぁ全部書くと長くなって仕方がないので掻い摘んで。

彼の使用するアーミーはオーク&ゴブリン。スタートセットにオークビッグボスとフェナティックを加えた構成でした。
アーミースタンダードベアラーが早くも起用されていたようですよ。
一戦目はエンパイアで出陣。
敵の歩兵はナイトゴブリンのみ。スピアマンで足止めをして、ナイトで側面を取れば負けることは無い…と思っていたのですが。
うっかりナイトゴブリンスピアマンの16cm以内に入ったナイトに向かってフェナティックが発射。
きっちりナイトにぶつかり、3名のナイトが戦死!
どっきりしたナイトが逃走を始め、自分から更にフェナティックに突っ込み全滅!!
しっかりとその様子を見てしまったアウトライダーがパニックを誘発し逃走→盤外へ!!!
…オイオイ…フェナティック頑張りすぎでしょう…?

盤面中央では、彼のナイトゴブリン達が『神』と崇める謎のトロールと、マーカス大尉率いるスピアマンの戦いが。
スタートセットのトロールをコンバージョンし、ルール上はストーントロールとして扱う謎のトロール…ヤバイ臭いがプンプンしていました。(主に見た目が。)
トロールの攻撃に犠牲者を出しながらも、大尉がグレイトウェポンでトロールを葬り去ります。
猛進した彼らは、ボアに騎乗した族長が合流するナイトゴブリンユニットに更に突撃!
しかし、ここで族長とゴブリンの怒涛の反撃でこちらのスピアマンユニットが逃走。
追いつかれて全滅となってしまいました。

盤面中央に取り残されたハルバーディアーとミリティアは、追撃から突撃してきた族長率いるナイトゴブリンとスノットリングに囲まれ、苦しい戦いを繰り広げていました。
なんとか逃走はせずに踏みとどまってはいたものの、彼等の戦意が崩壊するのは時間の問題でした。
更にアーミースタンダードベアラーが合流した、もう一つのナイトゴブリンユニットがハルバーディアーの側面から襲い掛かり絶体絶命。
ナイトゴブリンの猛攻を側面から受け、最後の一人となったハルバーディアーは、遂に戦意を失い逃走します。
ミリティア達も族長の攻撃に耐え切れずに逃走、追いつかれて壊滅してしまいました。

キャノンとクロスボウマンはずっと森から出たり入ったりしているスパイダーライダーを撃っていました。
うーむ、ポイントを考えるともったいないかしら。

盤面中央の族長達は、随分と数が減っていたこともあり、後から突撃してきたオウガ達に蹴散らされて壊滅しました。
しかし、そのオウガ達もナイトゴブリンアーチャーの突撃を受け、無念にも逃走してしまいます。
オウガが逃走を始めた時点で6ターン経過、ゲーム終了となりました。

自分の盤面に残っていたのは…キャノンとクロスボウマン。
友人はナイトゴブリンアーチャーとナイトゴブリンシャーマン、と。
…なんという大惨事。
30点差で引き分けとなりました。

フェナティックの爆発力がよく判るゲームでしたね~。
その後のリザードマンを使ったゲームでは、出目に嫌われてあまり活躍できませんでしたが、コスト分の働きはサクッとしてくれそうです。
今後の増強を楽しみにしながらも、自分も増強と、アーミー運用を頑張らないとなァーと思いました。

いい時間なので今日はここまでで。それでは。
スポンサーサイト
[ 2010/06/08 00:18 ] WHFB | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

すがや

Author:すがや
ゲームズワークショップ社から発売中のミニチュアゲーム、主にウォーハンマーFB、40Kの事についてダラダラと書いています。


最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。