スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

肉はどうだい。

先日、旅行に出かけてきました。
年甲斐も無く磯で転んで擦り傷を作ってしまったのですが、その傷跡に藻がビッシリと生えてくる……という夢を見ました。
なにこれこわい。
こんばんは、すがやです。

今度の休みは日曜ではなく金曜、しかもホビセンは休みなので、大人しくモデリングでもしていようと思います。
アーチャーを作るか、アウトライダーを作るか。
そういえば、五版スターター付属のナイツオブレルムが数体眠っているのですが、そのボディにアウトライダーの連射式ハンドガン装備の腕をつければバーディング装備のアウトライダーになるんじゃないだろうか。
兜を被った頭も、生身の頭に取り替えればライトアーマーに見える…んじゃないかな。
そうすればピストラーはピストラーで5体作れるじゃぁないか。
よし、次の休みに試してみよう。

と、いうわけでオウガブルを塗りました。どういうわけだ。
オウガブル1
公式のオウガと肌色が違うのは、単純に種族が違うものとして考えたからです。
種としてのルーツは悲嘆山脈にあるものの、南の方で独自の文化を確立した、少し変わったオウガ、として作ってみました。
人間に対して友好的で、陽気な連中です。
彼らは傭兵としてではなく、制式に州軍に所属している設定なので装備も若干手入れされています。
まぁ防具はアイアンフィストだけなので、セーヴィングは6ですが!
肩のシールドはアクセサリです。

オウガブル2
ミュージシャン的な位置付けのベロウラー。
頭にハートとD.Jの文字の刺青をいれてみました、が深い意味はありません。彼の名前ってことにしておきましょうか。
肌のペイントですが、スコーチドブラウン→デヴランマッドでウォッシュ→スコーチドブラウン+ダークフレッシュ→ダークフレッシュ→薄めたグリフォンセピアで境目をぼかす、といった手順でやってみました。
武器はボルトガンメタルにデヴランマッドでウォッシュ、仕上げにミスリルシルバーでハイライトを入れました。
バダブブラックを使わずにデヴランマッドにしたことで、チョイ錆び感がでたかなぁ、と。

ゲーム的にはどう使おうか…単純に突撃戦力として見るのがよさそうですが、分隊のような運用法を考えています。
ランク歩兵のサイドに配置して、彼らが的になるならソレはソレで、無視されるなら高い移動力を活かしてブチ込み、と。
恐怖持ちも地味に効いてくれたらいいな。
今回はコストを押さえることを優先したので、コマンドグループはミュージシャンのみですが、そのうちチャンプとスタンダードベアラーも用意してあげたいですね。
まぁ…正直、普通にエンパイアで遊ぶ分には全く必要ない連中なんですが、そこはなんかこう趣味というかなんというか。
オウガキングダムやる気はイマイチ起きないけれど、オウガ塗ってみたかった、というのが本音でしょうか。

今日はここまでで。それでは。
スポンサーサイト
[ 2010/05/19 23:12 ] WHFB | TB(0) | CM(2)
ホビセン休みなのかー
金曜にまた付き合ってもらおうと思ってたのにホビセン休みですか・・・・・・。
残念です(´・ω・`)
[ 2010/05/20 00:07 ] [ 編集 ]
今週と来週の金曜が臨時休業だってさ
まぁ次に出掛けられるのは来月かな
[ 2010/05/20 06:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

すがや

Author:すがや
ゲームズワークショップ社から発売中のミニチュアゲーム、主にウォーハンマーFB、40Kの事についてダラダラと書いています。


最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。