スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第08ハルバード分隊。

昨夜は飲み会でした。やー、フラフラで帰宅したのは久し振りですな。
こんばんは、すがやです。

今日はエンパイアならではのルール、分隊(デタッチメント)ルールで使用するハルバーディアーを5名ほど塗ってみました。
ハルバード分隊1
随分昔に買うだけ買って、適当にペイントされて放置されていた旧プラのハルバーディアー達に、ついに戦の時が!
今のミニチュアと比べると小ぶりなので、顔が細かいぜ…!
なにやら濃い目の緑一色で塗られていた軍服を州軍カラーに塗りなおし、顔やら小物、というか全部塗りなおしました。
少年時代の自分は何を思ってあんな色で塗っていたんだろうか…。
何名か行方不明になっていましたが、とりあえず分隊用の10名は発掘できたのでヨシとしましょう。

さて。
エンパイア独自の分隊ルール、これがまたナカナカに曲者なわけでして、自分が「エンパイアやりてぇ!」となった理由なんですね。
普通にユニットを配置する際に、まずは本隊となるユニットを配置。
その後、普通なら相手のユニットを配置するのですが、その前に分隊となるユニットを2つまで、纏めて配置します。
つまり一度に最大で3ユニット配置するわけですね。
この分隊、パニックテストの原因にならない上に、本隊の近くに居れば、そこに突撃してきた相手に、ペナルティ無しで『迎え撃て!』が可能、あるいはお楽しみの『カウンター突撃!』までできてしまうという優れもの。
ペナルティ無しの『迎え撃て!』も充分にイヤらしいと思うのですが、やはり『カウンター突撃!』が楽しそうです。
その名の通り、本隊に突撃してきた相手の側面に向かって突撃するだけなのですが、攻撃順番がカウンター分隊→突撃した敵ユニット→残りのユニット、となります。
側面を突くので、反撃でボロボロにされなければ相手のランクボーナスを無効化した挙句、ハンドウェポン+シールドのAS補正もかからないのでダメージも通しやすいです。
ハルバーディアーなら攻も4になりますしね。
分隊が狙われた場合には、迎え撃て!やカウンター突撃はできないのですが、その時はパニックの原因にならないのをいいことに退却し、本隊の前に無防備なサイドを晒してもらえばいいでしょう。
帰ってこなかったときの事は知らん。

それと、本隊が突撃した際にも『援護突撃!』ができるそうで。
これは分隊の場所的に正面への突撃になる場合でも、距離さえ届いていれば横から突撃できるという、なんとも素敵な突撃ですね。
正面から本隊、横から分隊…あるいは、横から本隊、後ろから分隊、なんてコトにもなるようですよ。
単体の能力の低さを、連携でカバーしていく…というのがナカナカ面白そうです。

緻密な動きが要求されそうですが、使いこなせるように頑張ってみます…の前に塗り上げなきゃね。
ハルバーディア分隊はあと5名増員、その後はクロスボウマンにエンパイアナイトと、アーミーになるにはもう少し時間がかかりそうです。

今日はこのくらいで、それでは。
スポンサーサイト
[ 2010/04/22 00:15 ] WHFB | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

すがや

Author:すがや
ゲームズワークショップ社から発売中のミニチュアゲーム、主にウォーハンマーFB、40Kの事についてダラダラと書いています。


最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。