スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あわわわ。

気が付いたら大分間が空いてしまいました。
体調不良とか色々あったもので…申し訳ないですハイ。

最近はチマチマとゲームをしつつ、ペイントもゆっくりと進めていましたよ。
とりあえず手元のディーモンのベースデコレートは全て完了。
続けてIGのタンク等に着手しました。
グリフォン1025
グリフォンモーターを使ってみたかったのですが、昔のメタルは流石に入手困難ですし、フォージのモデルはちょっと敷居が高そうなので手が出せず…ということで、バジリスクをちょいちょいと弄って作ってみました。
砲身が短いので、バジリスクよりも大分大人しい印象。
射程と威力、貫通力を控えめにした代わりに、スキャッターダイスの振り直しが可能になっています。
振り直しがあるおかげで、集中砲撃との相性が良さそうですよ。
コストも一門75pとかなりお安めになっております。
実践初投入では、バジリスクと同じ感覚で戦場の端に配置してしまい、二回射撃したら撃つ所が無い、というなんともマヌケな戦果でした。
うーん、自分は編成云々よりもまずは運用をもっと学ぶべきだな。
まぁ、どんどん使ってあげようと思いますよ。



最近やったゲームの様子をちょこちょこと。
vsソウルグラインダー10252
エクスキューショナーの眼前に突如現れた異形の影。
これは一体!?
vsソウルグラインダー1025
その正体は、ディーモンと多脚戦車が融合した恐るべき戦闘機械、ソウルグラインダー!
エクスキューショナーのクルー達が戦闘態勢を整える前に、ソウルグラインダーの口から何かが放たれます。
……舌!それは恐るべき速度で射出される舌!
ソウルグラインダーの舌はエクスキューショナーの機関部を正確に刺し貫き、ほんの一瞬でこれを大破させたのです。
なんというおぞましき所業でしょうか!
この光景を上空で目撃した選抜歩兵分隊は、恐怖を振り払い、この異形を滅する為に決死の降下作戦を実行したのです…。

とまぁ、1ターン目に縦深してきたソウルグラインダーにエクスキューショナーが破壊された時の様子です。
ちなみに、直後に降下してきたストームトルーパーは、危険地形判定に失敗してサージェントが事故死、更にメルタガン二発も、一発はミス、もう一発は装甲貫通判定に失敗してはじかれるという残念な結果でした(笑
ゲームの結果も、次々と縦深攻撃で現れるディーモンの群れを処理しきることができず、敗北となりました。

続いて先日の対ネクロン戦での一枚。
vsネクロン1025
いーやーあー、ブレてるー。
状況的には、ネクロン側目標を確保しているネクロンウォリアーの背後に、我らがボスが突如出現した様子です。
しかし、デモリッションチャージで吹き飛ばしたウォリアーも、次のターンには殆どが起き上がり、ラピッドファイアで蜂の巣にされてしまいました。
一応伏せて、1ターンは凌いだんですけどねぇ…。後に続く部隊がいなければなんとも意味の無い感じ。むむむ。
こちらのゲームも敗北。もっと勉強が必要ですな。頑張りますよー。

今日はこの辺で。それでは。
スポンサーサイト
[ 2011/10/25 23:21 ] WH40K | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

すがや

Author:すがや
ゲームズワークショップ社から発売中のミニチュアゲーム、主にウォーハンマーFB、40Kの事についてダラダラと書いています。


最新トラックバック
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。